実施状況

1 横浜市立子安小学校(基礎レベル)
・日時 平成30年7月24日から5日間(1回90分) 
・活動の様子
 7月24日(火)
 初日は、MESHの基本的な機能を操作を通して体験しました。
 参加した子供たちは、時間を忘れていろいろと試し、納得し、習得していました。
 参観においでくださった保護者の方(右下の写真)も一緒に体験いただきましたが、
  途中から私たちのお手伝いをお願いしたところ、ご快諾くださり、
   子どもたちの面倒も見てくださいました。



 7月25日(水)

 今日は、少々高度なGPIOタグというものを使って、モーターや外付けのLEDを作動させる操作を体験しました。
 基本的には、この体験はテキストを子どもたちが自分で見ながら行うもので、周りにいるメンター(お助けマン)はほとんど見守るのみの役です。
ブレッドボードに接続したり、三色LEDで信号を作ったりしました。
その後、これまでの経験したことを元に、100円均一のものを材料にして何か身のまわりの役に立ちそうなものをつくろうとアイデアを考えることを始め ました。
 いよいよ「ヒラメキ」を「カタチ」にする活動です。みんな、どんなことを「ヒラメキ」、どんなものを「カタチ」にするのか、楽しみです。


 7月26日(木)
  今日は、自分の「カタチ」を作り上げるために、アイデアをもう一度見直すために友達と相談し、試しにつくってみて、それぞれの「カタチ」を他の人に見せて、意見をもらうと いうことをしました。
 90分があっという間に過ぎてしまいました。この事業を参観に来てくださっている保護者の方も、自分で素材を持ち込んで、災害時持ち出しグッズなど を子どもと同じようにつくっていました。
 最後に行った意見交換では、それぞれがアドバイスをしあったりする姿も見られました。
 明日はいよいよ制作に集中して「カタチ」を完成させます。


 7月27日(金)
 
今日は、時間いっぱい自分の作品作りに専念していました。
 これは、中央においてある素材の写真です。何となくいろいろなものが置いてありますが、実はこれが子ども達にとっては宝物の山なのです。

この素材を元に、一所懸命に「カタチ」としての作品作りに取り組んでいました。
次回、どんな作品を完成させてくれるのでしょうか。楽しみです。


 7月30日(月)
  最終日となりました。
 自分たちの作品を完成させるべく、最後の仕上げをしています。


そして、発表の準備をして、それぞれが
①なぜこれをつくろうと思ったのか、
②どんなところに苦労したのか
③ぜひここを見てほしい
などの点について、みんなに発表し、
良かったところ、改良できるところなどについて話し合いをしました

最後にまとめとして、参加しての感想などを聞き、講座は終了しました

参加してくれた皆さん、ありがとうございました
また、一緒に活動してくださった保護者の皆さん、ありがとうございました
企画した私たちもとても楽しい時間をすごすことができました

ヒラメキICTクラブ

ページのトップへ戻る