実施状況

2 八王子市立宮上小学校(基礎レベル)
・日時:平成30年9月29日(土)から5日間(1回90分)
・活動の様子
9月29日(土)
  保護者参観日だった土曜日の午後、5年生6年生の22名の子どもたちと8名の保護者の方々は、一度帰宅して午後2時に再登校してきてくれました。
 講座は、MESHとiPadで画面上で操作をしながら基本的なプログラミングでどんなことができるのかを学ぶ内容でした。
 90分という長い時間でしたが、みんなグループで相談しながら、大人では考え付かないような面白いアイデアを、MESHという道具を使って具現化し ていました。
 仲良く相談しながら、最後まで楽しそうに活動していました。また、最後には、どんなことをやっていたのかをみんなの前で報告しあいました。
 活動している様子や発表している姿を見て、普段の学校でも先生方と力をあわせてしっかり生活していることが外部の私たちにも伝わってきました。

                校長先生のお話と活動の様子

                 発表している様子
10月6日(土)

  今日も、23人の子どもたちと6人の保護者の方が講座に参加して、積極的に活動を行ってくれました。今回は、前回参観に来てくださった保護者の方で仕事でコンピュータを専 門にされている方がメンターとして協力くださいました。また、八潮学園と同様に、宮上小学校でも富士ゼロックスでプログラミングを専門にされている粟 津さんという方もメンターに加わって講座を支援してくださいました。
 前回と同様に、参観くださった保護者の方々が子どもたちを温かく見守ってくださり、その中で、子どもたちは課題に主体的取り組み、90分という時間 があっという間に過ぎました。次回がまた楽しみになりました。

    2回目の全体の様子 と 保護者がメンターとして協力くださったグループ

富士ゼロックスの粟津さんのグループも楽しそうにモノづくりに取り組んでました

10月13日(土)
  第3回目の今日は、いよいよ面白グッズを作ってみましょうという時間でした。
 それぞれのグループで、どんなものを作ろうかと作戦を立てて取り組んでいました。
 ハロウィンにちなんだグッズ、防災のためのグッズ、ビックリ箱など、それぞれが工夫を凝らしたアイデアで、ひとつとして同じものありませんでした。
 さらに驚いたのは、単にグッズを作るだけではなく、そのグッズを使ってどのように他の人とコミュニケーションをとるのかというストーリーまで考えて いることでした。
 そんな子どもたちにお手伝いをしようと構えていたメンターは、今日はあまり出番がありませんでした。本当に素晴らしい発想と考え方のできる子どもた ちだとメンター一同感心していました。
 次回は2週間後の10/27となりますが、その日が待ち遠しい気持ちです。

サポーターの保護者の方も一緒になって考えたり、作りながらグッズがどんどん複雑なものになって行ったりしているグループがありました

可愛らしい人形が反応するグッズや防災に関わるグッズを工夫して作ってます

10月27日(土)

  今日は、これまで作ってきたグッズを完成させて、お互いに発表しあいました。
 それぞれに工夫がなされていて、とても完成度の高いものでビックリしました。でも、そのようなグッズを作ることができた背景には、普段の学校生活の 中で築かれてきた子どもたち同士の温かな気持ちや協調性、積極性などがあると感じました。
 子どもたちは、本当に楽しそうに活動し、発表の様子もとても立派でした。

4日目のはじまりです             最後の仕上げに一所懸命です

何か使えそうなグッズは?       単なるグッズだけではなく、ストーリーも

 「フック船長とビックリ箱」           「ハロウィングッズ」

「防犯ロボット」                 「いろいろな遊び道具」
 他にもたくさんありましたが、みんな面白いものばかりでした

11月3日(土)
  とうとう最終日となってしまいました。
 今日は、GPIOという外部のモーターなどにつながるブロックを使って、ミニ4駆や動く動物をコントロールするという活動を行いました。
 今日の内容はとても難しい内容なのですが、楽しそうに活動してくれました。しかも、話を聞く場面と活動する場面の切り替えをしっかりできる子どもた ちのおかげで、予想以上に円滑に進み、作ったミニ4駆などを廊下で競争させたりする時間もとることができました。
 講座を円滑に進めることができたのは、難しいことにも積極的に取り組んでくれるという子どもたちの良さと参観に来てくださっている保護者の方の子ど もたちを見守ってくれる姿勢のおかげと、事務局を担当したものとして大変ありがたく思うとともに、いい学校だなぁと感じました。
 参加してくれた皆さん、見守ってくださった保護者の方々、またこのようか機会を与えてくださった校長先生はじめ宮上小学校の先生方に心から感謝いた します。ありがとうございました。

 難しい説明も、しっかり聞いて、積極的に活動してくれました

 保護者の方も一緒になって部品を組み立て動かす準備をしています

 子どもたちも楽しそうに活動してくれました

 ヒラメキICTクラブ

ページのトップへ戻る