実施状況

3 八王子市立下柚木小学(基礎レベル)
・日時:平成30年10月17日から4日間(1回90分)
・活動の様子
10月17日(水)
  第1回目、22名の子どもたちが参加してくれました。
 MESHの基本的な機能について、実際にいろいろと動かしながら楽しそうに納得しながら理解していました。
 5人の保護者の方も参加くださり、ご自身がMESHにさわったり、子どもたちの活動を見守ってくださったりしていました。
 また、途中から、近くの宮上中学校理科部の生徒10名が応援に来てくれ、子どもたちは張り切って自分たちの考えたMESHを使ったアイデアを説明し ていました。
   こんな感じでやっています      友達と相談しながら活動しています

  難しそうに思っていたようですが、結構簡単にできることに驚いていました

 宮上中学校理科部の生徒も        保護者の方々も結構楽しんで
        応援に来てくれました               くださいました


10月24日(水)
  第2回目の今日は、MESHのソフトウェアブロックを使って、何か面白そうなものを作ってみるという内容でした。
 ブロックの細かいアドバイスはメンターが行いました。
 人の動きを感じて写真を撮ったり、おみくじを作ったりと、いろいろと工夫して面白グッズを作っていました。見ていて、こちらがとても楽しくなる ような活動を子どもたちは展開してくれました。
 あるグループは、サッカーのVARのように、ゴールを判定するためのグッズを作っていました。できあがったものを、応援に来てくださっている保 護者の方々に見ていただいたりもしました。
 講座の最中に、下柚木小学校の先生も子どもたちの応援に来てくださいました。ありがとうございます。



10月31日(水)
 
3日目、面白そうなグッズを作るという内容で、これまでの振り返りをして、グッズの素材を探して、グループごとに制作をしました。ゲーム的なものを作ったり、防犯グッズを 作ったりと楽しそうに活動していました。

今日の活動のめあてを確認して、100均グッズから素材を探します

自分のアイデアをグッズのカタチにするのはなかなか難しいようです

今日も保護者の方や宮上中の人たちが応援に来てくれました

11月7日(水)
 
最終日も無事終了しました。
 
今日は、自分の考えた面白グッズの完成させ、みんなに発表するという活動をしました。残念ながら完成まで行かなかったグループもありま したが、①作品名、②どんなことができるのか、③工夫したところは の3点について説明し、作品の実演をしました。
 
今日も、宮上中学校理科部の人たちが応援に来てくれました。
 参加してくれた下柚木小学校の皆さん、見守りをしてくださった保護者の皆さん、宮上中学校理科部の皆さんにお礼申し上げます。ありがとうございまし た。

今日の活動のめあてを聞いて、活動が始まりました

準備をして、10グループが発表しました

防犯グッズでは演示をしてくれました  ビックリ:サポーターの方は片づけも


 ヒラメキICTクラブ

ページのトップへ戻る